ドロシーマクレーンからのメッセージ

クリスマスに寄せてフィンドホーンのニュースレターが届きました。そこに、創設者の一人のドロシーマクレーンさんからのメッセージが掲載されていたものを通訳のまりりーなこと渡辺雅子さんが訳してくれたのでここでシェアいたします。

Loved and Loving
愛され、愛する

In my life, I have learned many lessons and would like to address one in particular. I believe that if you can accept this lesson, too, as I did, you will find a source of help within yourself that will enable you to feel at home in this world.

人生で、私はいろいろなレッスン(教訓)を学びました。ここでは、特にそのひとつをお話します。 もしあなたが、私のようにこのレッスンを受け入れられたら、自分の内に助けとなる源を見出し、この世で安心を得ることができるでしょう。

I was born in Canada in 1920 of extremely loving parents, yet as a young child I felt lost and alone. I had negative attitudes about myself which grew very strong as the years went by, though I shared them with no one. These attitudes no doubt affected my ability to live a happy and productive life in the world.

私は1920年にとても愛情深い両親のもとに生まれました。しかし、子供時代は困惑し孤独でした。 自分を否定的にとらえていたのです。それは成長とともに強まっていきましたが、誰にもそのことを言いませんでした。言うまでもなく、このような自己否定は人生を幸せに建設的に生きる助けになりませんでした。

Yet, in spite of this inner turmoil and negativity, I was able to establish an inner relationship with God, for this relationship is the birthright of all of us. Through that relationship I discovered in a very deep way that I was truly and unconditionally loved, and that being loved by the Divine, I could discover how to give love back to my world.

しかし、精神的な不安と自己否定にもかかわらず、私はすべての人の生得権である「神との関係」を内面に築くことができました。その関係を通して、私は自分が本当に無条件に愛されていることに気づき、神聖な存在に愛されているからこそ、その愛を自分が世界にどのようにお返しすることができるかにも気づいていきました。

This loving relationship with God brought me joy and was the basis for the work that I did with Peter and Eileen Caddy, who also experienced their own contact with the God Within. It enabled me eventually to be able to travel and develop workshops through which I could share this love and joy with others. In so doing, I learned a lot, and was able to give my version of love to the world, similar to what God had given to me.

この神との愛の関係は私に喜びを与え、それがピーターとアイリーンとの取り組みの土台となりました。そして、私は多くを学び、神が私に与えてくれたように、私なりに愛を世界に与えることができたのです。

Although we are often taught that love rules creation, the natural history of our world has been filled with struggle and contest. Life on this planet is challenging. Over billions of years, an immense variety of life has arisen then disappeared, flourished for a time, then vanished as the earth went through various changes and upheavals. In our personal lives we often experience ourselves being hard done by, and admit that we have acted in non-loving ways. In the midst of conflict within ourselves and in the world around us, is there any hope? Is there anything we can really do to change things?

私たちは「愛が創造を支配する」とよく教えられますが、この世界の自然史は対立と競争で満たされてきました。地球上での人生は挑戦的です。何十億年もの間、膨大なる数の命が誕生しては消え去っていきました。 しばしの間、隆盛をきわめたとしても、地球の多様な変化や大変動によって消滅していきました。

私たちは、人生の中でもよくくじけそうになって心なき行動や振る舞いをしてしまうことを認めざるを得ません。自分の中にも、まわりの世界にもこんなに葛藤がある中、一体希望はあるのでしょうか?ものごとを変えるために、一体私たちにできることはあるのでしょうか?

Yes, there is. はい、あります。

It has been said that a butterfly flapping its wings in one part of the world can cause a hurricane in another part – known as a Butterfly Effect.This suggests that we are all planetary learners and changers. Therefore we can change what has been; we are not bound to the past. This is what I discovered as a young woman when I realized that through the love I felt from the God Within, I did not have to be bound to the negative attitudes of my past. Humanity has done many negative things in the world and has suffered, but we can move beyond this when we realise that we are truly loved, and so can find in ourselves the ability to also be loving.

ある蝶が世界のある場所で羽根を羽ばたかせると世界の他の場所でハリケーンを引き起こすという説が唱えられています。これは「バタフライ・エフェクト(蝶の効果)」として知られています。私たちが地球における生徒であり、変化をもたらす変革者であるということを示唆しています。私たちは今までの自分を変えることができるということです。私たちは過去に縛られた存在ではありません。これこそが、私が若い時に気づいたことです。つまり、内なる神から感じる愛を通して、自分の過去の否定的な態度や見方に縛られる必要がないということです。人類は世界において多くのネガティブなことをし、苦しみを生んできました。しかし、私たちが実は愛されている存在なんだと本当に気づき、愛の能力を自分の内に見出した時、私たちはこのような状況を乗り越えていくことができます。

We need to stand in the power of our person hoods, the power of the sacred in us, of the joy within, of being ourselves. We need to stop judging ourselves for the thoughts and impulses that arise that may frighten us or that seem bad to us; we have the power to say NO to them, just as we have the power to say YES to love. And if we err, we can learn from our mistakes. We can rise up from any failures and act anew through the power of this love.

私たちは各々の個性のパワー、内なる聖さのパワー、内なる喜び自分であることのパワーにつながり、その姿勢をしっかり担っていく必要があります。内面に湧きあがる自己を脅かし、自分を悪く見る想念や衝動で、自己批判をするのをストップしなければなりません。私たちは、どのような失敗からも立ち上がり、この愛のパワーとともに新たに行動することができるのです。

So let you and me, we instinctive seekers of truth, realise that we are all advancing into greater awareness, into knowing we are all loved and are loving in our lives. And in so doing, may God’s marvellous invention, a sense of humour, aid us mightily.

ですから、心底真理を求めるあなたも私も人生の中で「誰でもが愛され、愛を表現する存在である」というより偉大な意識に向かっていることを認識しましょう。その過程で神のすばらしい発明「ユーモア」が私たちの強力な助けとなりますよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dorothy Maclean
ドロシー・マックリーン




コメントは停止中です。