フィンドホーン・コミュニティについて

” Do you want to do something to help the World Situation? Then, look within. As you change your consciousness to love,  peace, harmony and unity, the consciousness of the whole world will change” — Eileen Caddy

今の世界の状況について、何か助けたいと思いますか?
であるならば、まずは自分の内側をみつめなさい。
あなたが愛や平和、調和と統合へ意識を変化させる時、
全世界の意識が変化していきます。

アイリーン・キャディ

フィンドホーン・コミュニティとはスコットランドの北の端にある世界有数のエコビレッジであり、日常に根ざしたスピリチュアリティ(霊性)を学ぶラーニングセンター、そして世界からその在り方に共鳴した人々が暮らすリビング・コミュニティでもあります。

良妻賢母であり、敬虔なクリスチャンだったアイリーンは、ある時直感を得て、夫の友人だったピーターと共に霊的な旅を始め様々な紆余曲折を経て、1962年に友人のドロシー・マクリーンと共に、現在フィンドホーンのエコビレッジ「ザ・パーク」がある場所、キャラバンパークにたどり着きました。

彼らはすでに、『内なる神性』に繋がり、そこから聞こえる声に従って生きると言う、当時のヨーロッパにおいては破天荒と言える生き方について学んでいて、その実践を重ねる中で、険しい道を経て、壮大な実験が始まりました。しかし、それは最初から「壮大な計画」だった訳ではなく、「失業状態」というとても現実的な理由から、生きるために必要な食べ物を、悪条件な土壌に育てる、という命の基本的なニーズから生じたものでした。

非常に条件の悪い場所での野菜づくりは難しく、試行錯誤を繰り返す中、ある時から、自分たちの内なる神聖とつながるのと同様に、畑の事は自然界の神性さ、その知性に同調していくことを思いつき、試してみると、直に、見えない存在からの助けがいろんな形で現れて、実際に野菜が育ち、しかも、それは時に巨大なキャベツとなったり、カボチャが実るという奇跡とともに実現していったのです。

巷で「フィンドホーンの奇跡」と評判になり、奇跡を疑う地質学者などが訪れては、その事実に感激して住み着いてしまったり、肥料が良質ということだけでは説明がつかず、明らかに目に見えない愛のエネルギーが介在しているとしか言いようがない、という報告が発表され、次第にその存在は広く知られる様になりました。

この頃、アイリーンは「ある日、ここは世界中から人々が集まる光のセンターになる。」という内なる声からのメッセージを受け取ります。

それは、50年あまりが経過した今、事実となりました。

奇跡が次々と起きた創成期の8年間に、現在のフィンドホーンの基盤が出来上がり、やがて、コミュニティが育つと「生活の場」に「教育」という側面が加わっていきます。 フィンドホーンの実践を学びたい、体験したい、そしてこのコミュニティの一員になりたいと、集まる人々にフィンドホーンの実践を一週間で伝えるプログラム「体験週間」というプログラムが生まれ、今でもほぼそのままの形で毎週の様に行われています。

現在、年間およそ9,000人の長期滞在、日帰りのゲストが訪れ、常時およそ600人(財団及び、New Findhorn Association)が暮らし、これまでに体験週間を受けた人は30000人以上になります。そして国連とも連携し、NGOとして認証される共同体となり、「自然界と同調して生きる」実践の成果で、世界有数のエコビレッジとしても、パーマカルチャーや「インカーネーショナルスピリチュアリティ(実在の霊性)など、重要な実践と教育の場として注目されています。

また、欧米や日本などはもとより、近年、中国やアジアの新興国でも、エコビレッジへの関心と需要から「アウトリーチプログラム」としてフィンドホーンのメンバーが現場に訪れて分ち合う場も増えてきました。

ここでいうスピリチュアルとは、自分自身の中にある声に耳を澄ませ、ありのままの自己を知り、自分自身の力に繋がって立つと同時に、自然界の大いなるリズムに同調し共に世界を恊働創造していく事です。

このような大きなビジョンを日々の生活の中にある小さなことから実践し、常に「Love in Action」(愛を行動にして表現する)を選択していく。それが、フィンドホーンの行動や形にあらわす「スピリチュアリティ」です。

2012年、フィンドホーンは50歳の誕生日を迎えました。40代でその地のたどり着いた創設者達の冒険は世代を超えて今、若い世代へと引き継がれています。たどり着く先を決めず、「今ここ」にいる自分とそして分かち合う仲間と対話を重ねて生きながらこれからもユニークなコミュニティは現在も日々成長しています。訪れるたびに新しい気づきを得られるフィンドホーンへの旅はその人にとって、人生の折々にピッタリのタイミングで訪れることでしょう。

2014年、フィンドホーンでは非常に注目された国際会議「New Story Summit」が行われました。新しい人類の物語の糸口を持つ人々が世界各地から集まり、出会い、交わった時にどんな物語が生まれるか、と言う、新たな実験が始まりました。その会議に集まった人々の熱意と知性と経験から一つのドキュメンタリー映画「New Story」が生まれ、オンラインの教育プログラムも2017 年8月から始まります。

荒れ果てたキャラバンパークから、人間と自然界との協働創造の実験を重ねた先に「生じた」フィンドホーンコミュニティ。
実験の先にあるものは既知の真実ではなく、私達が愛に根ざして世界と関わったなら、そこに何が生じてくるのか。
その未来に常にオープンであることが、このコミュニティがつねに活きづいている秘訣なのかもしれません。

そして、これが多くの人々を何度となく惹き付ける「魅力」なのでしょう。

映画『新しい物語』〜物語を変えて、世界を変えよう〜

> フィンドホーン共同体のCommon Ground(共通理念)

フィンドホーン財団のホームページへ  http://www.findhorn.org/

> 2018年8月日本語体験週間ツアーのご案内はこちら

<筆跡 青木麻奈:この記事は私がフィンドホーンで体験し、学んだことを元に書かれています。>




コメントは停止中です。