スーザン・マイルズとライフパーパス

ライフパーパスってどんなプログラム?

スーザンはどんな方?

そんな問いかけをもたれている方の為に、スーザンと縁のあるKazさんからメッセージを戴きました 。ご本人のご了解を得て、ご参考までにここに掲載させて頂きます。

1992年の3ヶ月半のLCGでフィンドホーン生活をしているときからの知り合いです。どこかエネルギー的にでしょうか惹かれる存在で、それは他の人たちと一緒にいてにぎやか元気で明るく楽しいからではなく、遠くから見ているだけではむしろ寡黙でおとなしい静かな存在でした。まともにお話ししたのは2000年のLife Purposeで、彼女がフォーカライザーでした。あの頃の静けさを持ち合わせたまま、相手を受け入れ、話を聞いて、それでも自分をしっかりと持っていて、必要なことは相手にお伝えする、、、これが彼女の持ち味がフィンドホーンで生きてきたことで醸し出された姿と感じたものでした。

自分としてきっちりと表現しながらも決してそれを人に押し付けることもなく、変わらずに淡々と相手を受け入れ、認め、自分でいることを許してくれている、そんな大きさを持って参加者のそれぞれが自分の道を見つける案内をしてくれる方に思います。

Life PurposeではExperience Week で体験したフィンドホーンの入り口からさらに一歩踏み込んで自分の奥深くまでのひとつの旅。それはフィンドホーンで生活し続けた時に体験する自分のダークサイドさえも見ていくことになるかもしれません。それは本当はダークというより自分の中の光が当たっていなかったところにほんとうに踏み込み光をあてていく、といったものかもしれません。途中トランスフォーメーションゲームで使用するカードも間にはさみながら、どこまで自分の奥深くに入り本当の自分に気づいていけるか、これがほんとうのフィンドホーンの骨頂とでもいうところなのかもしれません。

ただハッピーなフィンドホーンだけでないほんとうの自分の内なる扉を開きたい人にお勧めできる未体験ゾーンです。更に言えば、本気でやる気持ちの人にだけもっとおススメです。




コメントは停止中です。