2017 フォンドホーン財団 日本語スピリチュアルプラクティスご案内

2017年のフィンドホーン日本語体験週間の翌週に続けて、フィンドホーン財団主催のスピリチュアル・プラクティスが行われます。

*体験週間を修了した方が対象となります*

瞑想を中心とした、自分と向き合う時間をたっぷりと取った二週目のプログラムです。

体験週間をその前の週に体験した方にとっては、
その体験をじっくり自分の中に落とし込んでいく為にとても良い時間となります。

過去に体験週間を受けた方であれば、改めてもう一度フィンドホーンのエネルギーの中で
心の扉の奥にいるご自分と再会する時間となるでしょう。

体験週間はコミュニティやグループとしての体験が中心となりますが
「スピリチュアルプラクティス」ではより、ご自分を深く観じ、 体感する、
自分自身とのワークを集まった仲間と共に行うという時間となります。

様々な形での瞑想やその他クリエイティブなワークを通して
日頃の忙しい頭をマインドフルネスに戻し 少しずつ静かにしてゆく事は
最大のご自身へのギフトとなることでしょう。

*日 時*2017年9月2日(土)~ 9月9日(土)(コースは、9月8日(金)の夜で終了いたします。)
*料 金*£920/£680/£510 (ご自身の状況で選択できるスライディングスケール制)

料金には7日間の宿泊と3食、プログラム代金が含まれています。

ォーカライザー* 渡邉邦江(わたなべ くにえ)

*申込・詳細問合せ* メールにてお問い合わせください。
mail:kunie.hst☆gmail.com 渡邉邦江(☆を@に換えて下さい。)

 

渡邉邦江プロフィール 1954年8月28日生まれ 干支は、馬☆星座は、♍(おとめ座) フォンドホーン財団RP(リソースパーソン)氣康ヒーリング・ウェルネスHSTヒーラー 在英14年、フィンドホーン財団でこれらのコースをたくさん手がけたやさしい人。 1998年に体験週間を体験し一旦帰国した後、コミュニティの核であるフィンドホーン 財団に2000年3月30日より長期プログラムに所属。 9月からのメンバーシップコースを 経て、2001年にクルーニー・ダイニング・キッチンのコ(主)・フォカライザーという 大任で悪戦苦闘。これをクルーニー・ジャングル・サバイバルコースという人もいる(笑) 英語という言葉の壁を越えて、財団の教育部門であるゲストデパートメントで2年間働く。 各国からやってくる参加者の方々をサポートしながらフィンドホーンを体験してもらう、 体験週間、その次のステップとなるエクスプローリング・コミュニティー・ライフ、 スピリチュアル・プラクティスなどのコミュニティ体験のコアになるプログラムを担当する。 その中で素晴らしい人々との交流の大事さをたくさん学ばさせていただいた。 (現在ももちろん学び中) ……大きな事業(別に有名にならずとも)をしなくても、そこに存在する大事さ、 目の前のことを大きな愛を持って対処していく行動力を着実に得た日々であったと自負している……




コメントは停止中です。